2011年05月07日

昔は洋楽でしたが。。。

昔は、J-POPはおろか、洋楽しか聞きませんでしたが、最近はJ-POPも聞くようになりました。
日本語だと、歌詞がダイレクトに伝わってくるのがいいですね!

ちょっと前だと絢香の曲を良く聞いていましたが、最近では幅広く色んな曲を聴いています。
それぞれの世代のアーティストが自分の背丈で歌っている姿を見るのが好きです。人によって色々な感じ方があるなあ、と思う一方で、同じような感じ方があると、親近感を覚えます!

日本のアーティストはもっともっと世界に羽ばたいていってくれることをねがっています!

考えてみれば、J−POPという言い方はしないで、洋楽に対する邦楽ですね。
昔は、英語の歌詞が分からないから、日本語の歌しか聞かない。カラオケで歌える歌しか歌わないという人が多かったような気がしたのですが、最近は英語、日本語に関係なく、いいものは聞く! って感じがあるように感じます。

それぞれの歌の種類によって、英語で聞いたほうがいい歌と、日本語があっている歌とありますからね。帰国子女のアーティストなんかだと、言語の使い分けがとても上手だなあ、と思います。

日本では邦楽ばっかりでしたが、もっと洋楽も入ってきて、アメリカやヨーロッパのアーティストとの交流も活発になっていくといいですね。

posted by ミュージックプレーヤー at 17:03| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。